About US

しっぽじかんの始まりのストーリー

しっぽじかんは動物が大好きだった二人の少女の友情から生まれました。

動物が大好きだった2人の少女が大人になって・・・

二人の少女は日本とオーストラリアで、それぞれ動物を保護する活動をつづけていたのでした。

こんにちは。しっぽじかん代表の高橋です。
私とアマンダは母親同士親友で、赤ちゃんの頃から家族ぐるみのお付き合いをしています。

二人とも動物が大好きで、乗馬をして自然の中をトレッキングしたり、森の中のポッサムを観察したり、野鳥やワラビー、コアラなどの動物と触れ合って遊んだり。

日本とオーストラリアで長きに渡り親交を深めてきましたが、私は日本での動物と人間との関係が、少しバランスが崩れていることに胸を痛めていました。

そこで日本や海外での動物保護活動で学んだことを生かして、日本の皆さんの『やさしい気持ち』をもっとカタチにするお手伝いがしたいと思い、『しっぽじかん』を立ち上げました。

正直、長年保護活動をしてくる間に、目を覆いたくなるような場面も沢山経験しました。でも、『悲しみ』や『怒り』ではなくて、『動物が好き』という原点にかえって、今はほご活動をしています。

なぜなら、そうしたほうが沢山の方々に伝えやすいし、何より自分が楽しいからです。

朝起きてからすぐ電気がついて、エアコンで気温も快適で、ほしい食べ物がスーパーに行けば買えて、お風呂に入ればお湯が出て、病院に行けば薬をもらえて、携帯でいつでもどこでも話したい人と話せて。

そんな『便利すぎる世界』は、沢山の動物や植物や人間を犠牲にして成り立っていると知りました。でも、それを嘆いてもなにもはじまらない。
だったら、『今置かれた環境で、出来ることをしていくしかない。』そう覚悟したんです。

今の私にできる事は、オーストラリアでの体験をもとに、動物と人間の関係を少しでもフェアに近づけるお手伝いをすること。

私と一緒に、『今できること』はじめませんか?

Special supporter Amanda Henderson

Hi everyone,
My name's Manda and I live on the Mornington Peninsula in Australia. I have had a fortunate upbringing with animals always being a part of my life and also my work. I have owned horses, dogs, stick insects, chickens and am so fortunate to be able to work with eastern barred Bandicoots, koalas, kangaroos amongst other native animals. I am always eager to learn more, as well as share my knowledge about caring for and loving animals. ❤️

動物愛護先進国オーストラリアでは、自然と動物と人間がとてもいいバランスで共存しています。

しっぽじかんのスペシャルサポーターでもあるアマンダは、現在、ビクトリア州立公園のレンジャーチームリーダーとして、毎日、森林を守る活動や、コアラ、カンガルー、アナグマなど野生動物の保護活動の現場を取り仕切っています。

プライベートでは、かわいい二人の子供と馬や、にわとり、保護犬との暮らしを楽しんでいます。

オーストラリアでは、場所によって自然の石や植物を持ち帰ったりすることも禁止されていて、【自然環境を残すことですべての動物たちのバランスが保たれる】ということを幼いころから学んでいます。

『動物をかわいがる』という概念が『動物を所有して人間のように扱うかわいがり方』ではなく『相手の環境を守る』という基本理念に基づいています。

今の日本を急激に変えようとするのは難しいですが、こういった基本的な考え方を知るだけでも、次の世代では何か変化がおきるのではないかとしっぽじかんは考えます。

アマンダからはそのようなオーストラリアの自然豊かなアニマルライフをリアルタイムでレポートしてもらいますのでお楽しみに♪


参加メンバーのお声

物資支援ボラ ソニーさん

ほご犬のお世話とか引き取りは、みんなが簡単にできる事じゃないけど、オムツやトイレシート、フードの寄付だったら私にもできるかなって。
それぞれが無理しないでやれることをすればいいかなって感じて。
あとは、わんこももちろんだけど、頑張っている人を応援したいっていう気持ちが私は大きかったかな。楽しんで参加させてもらってます♪

推し活ボラ ゆうゆさん

ただ誰かに伝えるだけでもしっぽ時間のメンバーとしてほご活できるなんて嬉しいです。
前から興味はあったけど、子供が小さくてなかなか時間の余裕がないのが現状で。。。でも、推し活ボラだったらママ友同士の立ち話とかで、みんなに写真を見せて「今この子がお家さがしてるんだって。」って伝えることもできるし。時間があるときは、インスタグラムで発信もできます。
何となく子育て中は、社会参加から疎遠になってしまうけど、しっぽじかんさんなら、無理なく社会貢献に参加出来ていいなって。

引き取りボラ 高橋さん

一昨年飼い犬を看取ってからは、もう犬を迎えることはないだろうとおもっていましたが、しっぽじかんさんとご縁をいただき、ナナちゃんを迎えることができました。
家にいるときはずっと膝の上に乗ってくるんですよ。
いまでは、ナナちゃんの洋服を買いに行くのが楽しみの一つになりました。もう、この子のいない生活は想像できないですね。

買い物ボラ あやパンさん

フルタイムで働いているので、なかなかボランティア活動に参加する機会がありませんでした。
でも、しっぽじかんさんではほご活動を応援しているショップが集まっているので、会社の休憩時間に見てお気に入りのものをポチっとするだけでほご活動を応援できるって知りました。
なんか大袈裟に捉えていたけど、こういう参加のしかたがあるって知って、とってもハードルが下がりました。「ほごかつだから♪」ってついつい買いすぎちゃいます笑。
私も、オーストラリアで暮らした時期があったので、オーストラリアの動物と人の素敵な関係が日本でも広まるといいなと願っています!応援しています。